高瀬奈緒文のでっかい剣が好き2.0

高瀬奈緒文のゲームとかアニメとか声優とか同人とかの日記。永遠神剣とかアセリアとかユーフォリア関連の宣伝多いよ。

悠久のユーフォリア

私はね。
 みんなの少し前をひとり歩き続けるんだ。
少し距離をとって、みんながしっかり見えるところを。

よく振り向いて、みんなと話して楽しく過ごすんだ。
振り向いた時にいつも、みんなが笑顔な世界が好き。
それはきっと素敵な世界だと思うんだよ。
ちょっと遠くかもしれないけど、私はここにいるよ。

だけどね。
私はひとりで前を歩くの。
知らないこと、知りたいこと、なにかの初めてを経験するために。
秘密だけど、それはたったひとりでもかまわないんだ。

どんな辛いことがあっても、
どんな悲しいことがあっても、
そのときは心が張り裂けそうなっても、
ひとり泣き叫んでも、
それでも、それは、
いまの私の笑顔に必要だったことだと思うんだ。

どうかな? いま私は笑っているかな。

私の笑顔は、私の楽しいは、
すべてが存在してはじめてなりたつと思っているんだ。

だからわたしは笑うよ。
すべてを受け入れて。
辛いことだって、悲しいことだって、全部を笑顔にしてみせる。

生きることは笑顔でいることだと思う。
それは、どんな時だって、私でいたという証だと思うから。

私の心はきっと誰にも話さないかも。
なぜなら、この痛みも、悩みも、嘆きも、
すべてが私だけのものだから。

だから、答えは自分で掴む。
頑固者かも知れないけど、そうしたいんだ。
ちょっとだけ相談することに罪悪感もあるのかも?
あはは。

でもね。みんなは私に話してね。
なんでも聞くし! がんばるし!
期待してくれたら、答えちゃうし!
変なことだってするしね!
みんなのこと大好きだから、みんなのことだって知っている自信があるんだよ。
これでもね。

ずるいかも知れないけど、私は私だけでいいんだ。
私のわがままだけど許してね。
自分で乗り越えなくちゃいけないものは、乗り越えていきたいんだ。
もちろんみんなのこと信頼してるし、いっぱい相談するよ!
でもどうしても、なことは許してほしいな。

もしね。
ずっと前を歩いていて、振り返った時、誰もいないかもしれない。
それだって、私がいつかまた笑うために必要なことだよ。
ずっと後ろにいるみんなが、素敵に笑ってくれていたらいいな。

そう思うとひとりでも、私は笑顔になれるよ。

私は孤独だとしても前に歩き続ける。
歩くことだけは止めない。ゆっくりだとしても、一歩ずつ一歩ずつ。

私は、色々な人と繋がっていて、ちょっとだけ言っていいなら、
えへへ、愛されてもいると思う。
私も大好きだよ!

それでいいんだよ。
それはね、孤独ではないんだと思うよ。
私はいまひとりで、この深い森をひとり歩いている。

その先に何があるかわからない。
でもね。それでいいんだ。

きっと、また笑顔の日々がまっている。
それを掴んでみせるんだ!

もう一度だけ言うね。

「私は孤独はなんにも怖くないよ」
「でもね。みんなが孤独で笑っていないのが怖い」
「だから私は、希望を照らす光になりたいな」